メイクをする際に素肌にいきなりファンデーションだと、肌のささやかなトラブルがカバーしきれません!!

ほとんどの人の肌には色むらがありますし、キメの細かい明るい赤ちゃん肌という恵まれた肌を持つ大人女子は少ないです。だからこそ使いこなしたいのがコントロールカラーであり、肌悩みに合わせた色を使うことで、肌を美しく見せることができます。肌色を上手に補正してくれる働きがあるコントロールカラーは、肌悩み別に使い分けができるほど種類が豊富です!!!!

日本人に多いのは黄味寄りの肌色であり、この肌タイプの人にいあうのがイエローカラーのコントロールカラーになります!!!

肌に赤みがある人なども、コントロールカラーを使えば上手にカバーできますし、下地を塗ることでファンデーションもフィットしやすいです。肌の色的にピンク系の人であれば、コントロールカラーはグリーンを選びます。部分的にカバーできるコントロールカラーもありますが、朝のメイクの時短も考えると、顔全体のコントロールカラーを使った方がメイクも手軽です!!!

カテゴリー: 未分類